×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

+++あさりど2006 なんでそうならないの?+++



2006.5.18〜5.21
恵比寿エコー劇場

出演:あさりど(川本成、堀口文宏)、平手舞、押田佐代子、津乃村真子



5月18日〜21日、4日間6公演のあさりどライブ。めちゃめちゃ楽しかった〜vv以下、あくまで私の感想レポです(^^;

私はあさりどがこれまでどんな形式のライブをしてきたのかってわからないんだけど、とっても2人らしいエンターテイメントに仕上がってたんじゃないかな?って思うステージでしたvv小堺さんのおすましの系統を踏んでるのかもしれない・・・。ストーリー構成が去年のおすましっぽいって思ったんだよね。あと、合間にネタをやっていってくれるのとか、アドリブ満載の話し合いシーンとか、構成的にはかなり好きなタイプでうれしかったですo(^^)o
前説を自らやるし(^^;諸注意を成クンがギターを弾いてて、堀クンがアドリブの歌でしていくんだよ。堀クンの歌が面白くてさ(笑)もち、パフォーマンス付きv
大筋は・・・マネージャーの裕子さんがあさりど2人が伸び悩んでることをもっと考えて欲しいと置手紙をして出て行ってしまうところから始まり、2人が劇団員のおっしーやマコちゃん、まいちゃんと一緒に、どうしたら裕子さんが帰ってきてくれるか考えて話し合いをして。そしてエンターテイメントのショーをやろうということになって・・・後半は実際にそのショーをします♪
途中欽ちゃんのナレで「俺の読みでは今頃売れっ子タレントになってるハズなんだけど。あさりど、なんでそうならないの?」というのがあったりするのが、さすがあさりど〜(^^)
本当にいろんなことをしてくれて!合間に入ったコントは欽ちゃんに誉められたコントとか、TVで結構ウケたネタとか、学園祭でよくやってたコントとか。TVで結構ウケたネタという「スーパーX」。これ見てビックリだよ。私記憶にあるんだけど!?(^^;特に「お〜い、お茶。」って言うところとかロビンとか(^^;すみません〜!私ってばあさりどっていう認識なかったよ、あの頃!(爆)
学園祭でよくやったコントというのが「結婚相談所」。この中に出てくる騒音おばさんには笑ってしまった。いたねー、そういえば!(笑)
2人が売れるためにはどうしたらいいと思う?って劇団員に相談した時に返ってきたのが「コンビ名を変えるべき」という(笑)さま〜ずやくりぃむしちゅーみたいにね、って?(^^;
この名前の話の時に修二と彰みたいに「成と文宏」って言う話になって。成クンが「成ですッ!」堀クンが「文宏ですッ!」ってやるんだけど、堀クンの名前「ふみひろ」がふにゃっとしててダメっていうダメ出しが成クンから入る(笑)ふみひろの「ふ」は「不愉快のふ」とかまいちゃん達にも言われちゃう(笑)おっしーがね「ふくらはぎのふ」って言うの。それを受けて成クンが「成ですっ!」というと堀クンが「ふくらはぎです」ってふくらはぎのモノマネ・・・?成クン「世界初!ふくらはぎのモノマネ!」とか言ってたけど、面白かったー(笑)
なにかいいコンビ名ないですか?って客席にも聞きに行くんだけど、この時、浅井企画系列の芸人さんとかが来てると容赦なく振る(笑)まぁ、イガイガワとか浮世絵師とかはわかるけど・・・ビックリなのはなんと関根さんにまでマイクを向けるってすごいよ!関根さん、長嶋さんとかで答えてくれてね。いやぁ、いいもの見せていただきましたo(^^)o
客席の後は外へ聞きに行ってきますって劇団員3人が外へ。ここからはVを見て・・・そして最後に稽古場に置いてあったビデオを見つける2人。そのビデオにはアニマル探偵団の名前が。アニマル探偵団も改名したよね・・・という話で成クンのヒトコトが。この台詞がなんか成クンらしいよ(笑)「お前の尻拭いできないからな!」っていう堀クンもね(笑)
劇団員であるおっしーがね、もうホントいろんな意味でいいキャラしててねー、大好きだったよvvイモムシ最高です(笑)お疲れ様でしたo(^^)o
劇団員の皆と話をしてる時にやる堀クンのギャグが毎回違くって。その使いどころをまた成クンに先にやられて「おまえ、今だろ!?」とか言われてたり(笑)これがね、千秋楽、なんと2人揃った時があったんだよ!狙ってないからね?たぶん(^^;思わず拍手!そして爆笑だったよ!成クンがそれを嫌がるところも、らしくって面白い(笑)
「あさりどさんはアイドルみたいなこともされてたから、アイドルみたいな名前がいい」と意見された時にやってくれちゃうんですよねー、青年隊o(^^)o見てみたかったんでうれしかったーvv途中までだったけどね。でもひとつ夢が叶いましたvv
デビューの頃、2人を同じマンションに住まわせた理由を考えてくれたことありますか?という裕子マネージャーの手紙に2人は同じ布団に入ってしゃべってて・・・堀クンが「すげー面白い夢を見たから、夢をネタにしよう!」って堀クンの夢の説明が始まるんだけど、「面白くない」という成クンに、実際やってみようと夢コント。この一連のコントがもう、面白いのなんのって!(笑)堀クンのハイテンションに笑いを誘われ、説明しながら実演する堀クンを見る成クンの表情が忘れられない(^^;呆れてるような面白がってるような、なんともいえない表情が(笑)そして堀クンの夢には成クンも出てくるからって、成クンにも動きを要請する堀クンに、成クンの突っ込みが入ったり・・・。成クンのタイミングに堀クンがダメ出ししたり・・・。これで成クンにやらせることが後半に入ってまた面白いことになってましたね〜(笑)もう大爆笑です。お腹痛い(笑)
堀クンってすぐ汗をかくけど、この夢コントの時が一番すごい気がします(^^;ネタになるくらいね。成クンに「おまえ、毛穴がバカになってんじゃねえ?」って言われてどうやら「毛穴がバカ」って気に入ったらしい堀クンでした(笑)この後稽古場でのシーンへ戻る時、堀クンが成クンより少し遅れて舞台に出るんだけど、必ずといっていいほど成クンに「着替え遅い!」って突っ込まれてました。それもネタなのね(笑)
布団で話してるコントのシーン、なんか懐かしさを感じるセットなんですよ(笑)子供の頃見たことがあるような・・・?(^^;だいたいチラシがさ、コント55号のDVDボックスの・・・パクリですか?な感じだからね(笑)これも2人でなきゃできないよなぁって感じがすごい。
手伝ってくれる女性陣のトリオにつけた名前がしじみど。この名前付けまでがまた成クンの欽ちゃんのモノ真似を含むコント状態で(笑)このシーン、ネタまでわかってても何度でも笑えちゃう(笑)堀クンが後輩のネタに乗っかるところとか(笑)ちょっと稽古の様子が垣間見れるような感じなのもうれしいvv個人的には「スマップの飲み会」というお題にやった堀クンの「バイクで駆けつける森くん」に大爆笑!
ドラマをやろうという時に、小堺さんがスクリーンでご出演!小堺さんにドラマの説明をしてもらって芝居を見てもらいに、あさりど2人もスクリーンの中へ入っていきます。その小堺さんとのやり取りの様子がまた面白いんだよ。やっぱりこういう時は堀クンが面白くて(笑)

ショーは、しじみどから、まいちゃんの倖田來未と日舞(カッコいい!)、マコちゃんの松田聖子のモノ真似関西弁バージョン(面白いんだよ、これが!)、おっしーは「やらなくていいや」と言われたことをフリと捉えて合間に入り込んでくるんだけど、もう爆笑で。ホントサイコーです、おっしー!
あさりど2人はアイドルっぽくね、修二と彰「青春アミーゴ」でvvちゃんと振りつきだよーvvでもね、この間奏部分でさっき話してた堀クンの夢コントが入るの!そのセンスが大好きさ!(笑)しかも歌に戻る時が絶妙だ(笑)2人の歌と踊り、そしてコントが見れるというのがいいよね♪カッコイイなぁo(^^)o
体話舞踊。これがまた面白んです。2人が「本日は、あさりどライブに足をお運びいただきまして・・・」っていうヤツをパフォーマンスで表していくの。「あさりど」は「潮干狩りであさりを取る動きと、扉。」っていう風にね?「のってるかーい?(バイクに乗るジェスチャー)」「いえー!(家の形を手で描く)」が笑っちゃう(笑)
STOMPもどきもやってくれて。これ、堀クンがオチで間違えるようになってるんだけど、座布団(?)取られたり、バケツを小さくされたり(笑)そして客席からも呼んで一緒にやったり・・・。なんかアメリカっぽいー。ラストにはガッツリ決めてくれるけどね♪
堀クンがやりたいと提案した影絵を全員で。なんか和む(笑)この影絵の時が一番客席の反応がその時々で違ったような・・・?私はかいじゅうシリーズがなんか好きだったな(^^)
最後はドラマ。小堺さんが原案の青春ストーリー「ふぞろいのあさりとしじみたち」(笑)懐かしの「ふぞろいの林檎たち」を彷彿とさせるようなパクリ方です(笑)BGMはもちろんサザンでさ。ストーリー的には、私はこのヒロインへの感情移入は無理ですが(苦笑)しかし、演技できないって小堺さんに言われた堀クンですが、そんなことは全くないですよ。そう、お笑いはさんじゃうところが堀クンらしいんだけどね(笑)千秋楽に見にいらしてた小堺さんに「堀、演技できるじゃん」って言われてました。いや、小堺さんもわかってらっしゃるんだとは思いますが。 このドラマの私的ポイントは成クンの手!男らしいんだもん。キュンとするって、その仕草(>_<)っていうシーンがあるのですよo(^^)oそしてどんなに頑張っても最後の堀クンの「涙のキッス」の動きに笑わされちゃうんだよな〜(笑)
EDは再び大将が・・・映像でご出演!「俺は毎日ゲーム(野球の試合)しながらさ、お前らが売れて楽させてくれる日を待ってるんだ」みたいな台詞と「あさりど、なんでそうならないの?」で(笑)裕子さんからあずかった手紙を紙飛行機で飛ばして・・・その手紙は裕子さんがちゃんとショーを見ててくれたというもので。裕子さんが帰ってきてくれた、という終わりなのです。初めて見た時・・・だから開演前裕子さんいらっしゃらなかったのか!って納得(笑)

とにかく2人の集大成っていう感じもするステージで、バラエティ豊かで。エンターテイメントを目指すっていうのがわかる気がする構成でね。アドリブの入る余地のある自由度と計算された笑い。堪能させていただきましたo(^^)oああいうタイプのエンターテイメントは大好きなのです〜vv
あさりどのお2人、まいちゃん、おっしー、マコちゃん、裕子さん、あさりどこれでいいのか委員会の皆さん、楽しいステージをありがとうございましたvv